78cafe

コーヒー&スイーツ、本など気ままに思いを綴るブログ

*

次の大河ドラマ『花燃ゆ』を見る前の予備知識ならこれがいい-『世に棲む日日』司馬遼太郎著-

   

こんにちは。七転び八起きです。2014年に年末のテレビを見ていたら・・・2015年、つまり今年の大河ドラマについてやってました。井上真央主演の『花燃ゆ』だそうです。

原作本はないとのことですが・・・

これって時代背景としては思いっきり司馬遼太郎著『世に棲む日日』じゃないですか!と思った次第です。そんなわけでブログにしてみました。

スポンサードリンク

 

幕末の吉田松陰、高杉晋作が主人公の本

全4巻のうち前半1巻途中までは吉田松陰が主人公

yonisumuhibi

さて、この司馬遼太郎著の『世に棲む日日』は全4巻です。文庫でも出ていてブックオフなど中古で100円(税別)で売っているところもあると思います。

内容としては幕末の長州藩のこと。中心人物である吉田松陰の物語からはじまり、弟子の高杉晋作に続いていく流れ。今回の大河ドラマの主人公「杉文」の兄が吉田寅次郎(後の吉田松陰)。だから、杉文と目線は違いますが非常に近いところの物語のはず。

そして吉田松陰の弟子にあたる久坂玄瑞が杉文の旦那さん。この久坂玄瑞もこの本には沢山出てくる。吉田松陰がなぜ黒船に乗り込んだのか、どんな覚悟だったのか、その部分についても司馬さんの視点でよく描かれていて面白い。

吉田松陰のパート部分で感じるのは「まっすぐ生きる、清く生きる」「自分を貫く覚悟」ということ。最後は処刑になった吉田松陰。それでもそのエネルギーは弟子や周りの人達へ受け継がれていく。本気だからこそ人々に伝わるんですね。

『世に棲む日日』をはじめ、司馬遼太郎さんが書いた幕末から維新の時代の本は多数ある。共通しているのはその時のエネルギーと、時流に乗った者、乗れなかった者の先見の明と覚悟。さらには掴んだ情報をどう判断したか、決断したか。そんなところを感じる。

後半からは高杉晋作が主人公

yonisumuhibi34

そして2巻の後半からは高杉晋作が主人公となる。僕がこの『世に棲む日日』を読むきっかけとなったのは・・・

テレビの特番でおじさん達が「幕末で一番格好いいのは高杉晋作だ」と言っていたから(笑)

高杉晋作って名前は知ってるけど、そんなに格好よかったっけ?

それがこの本を読むきっかけ。

さらにその番組を見る直前に司馬遼太郎著『最後の将軍』を読んで「徳川慶喜格好いい~!」と思っていたところだったのも大きな要因。敵方になる高杉晋作が一番格好いいなどと言われると確かめたくなる。それで同じ著者の本で比べたら良いだろうと『世に棲む日日』を手にしたのでした。

結論!高杉晋作は格好いいのか?と言われると・・・
答えは「格好良すぎる!男として。」
となった(笑)

ただ、高杉晋作の格好良さって男だから好き!という感じの格好よさなんだろうなと。女性からみたらなんと無鉄砲な遊び人なんだろう!と思われそうなキャラクター。

※個人的には徳川慶喜が好きです。

幕末の長州藩がどう描かれるか楽しみ

話しは戻って大河ドラマ『花燃ゆ』。幕末の長州藩、そして日本を動かしていった人物達がどのように描かれ、どう進んでいくのかとても楽しみなドラマです。

『花燃ゆ』の原作はないとのことなので、予備知識としてこの『世に棲む日日』いかがですか?

 

by カエレバ

 

 - , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

真の姿とはなんだ?-『住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち』川口マーン惠美 著-

ドイツという国、どんなイメージ持ってます?僕はしっかりとした国のイメージで、環境 …

この流れは僕には必然?「ありがとう」「ごめんなさい」「ゆるしてください」「愛しています」-『生き方楽々 ホ・オポノポノ』-

こんにちは。七転び八起きです。先日、ダン・ミルマン著『聖なる旅』を読んでから何か …

『戦略は「1杯のコーヒー」から学べ!』で学べること

こんにちは。GWも終わりますね~。明日から社会復帰するのに不安な方々も多いかも( …

宇宙を完璧と思えるか?これもすべて個人の課題だと気が付く本『you can have it all』

こんにちは。七転びです。今日は本のお話し。もう一つのブログにも本の話を書きました …

ちょっと古いけど内容は今も通じるものがある -飯田史彦著『生きがいの真実』-

こんにちは。七転びです。今日は本の話題です。『生きがいの真実』という2003年初 …

『[魂の目的]ソウルナビゲーション -あなたは何をするために生まれてきたのか-』 数秘術のお話

こんにちは。七転び八起きです。今日は本であり、少しスピリチュアルな話。僕は女性ほ …

アドラー、第3の男の心理学は目から鱗の連続だった-『嫌われる勇気』-

  こんにちは。七転び八起きです。台風、凄い雨でしたね。昨日、手にした …

あの青年の卑屈さが更にパワーアップして哲人に襲いかかる!アドラー心理学・愛と幸せの教本-『幸せになる勇気』-

こんにちは。2月末から出張で外泊が続き、3月3日に家に戻る僕には楽しみがあった。 …

真摯さとは何か-「ドラッカーが『マネジメント』でいちばん伝えたかったこと」-

こんにちは。七転び八起きです。 突然ですがみなさん、『真摯さ』ってなんだと思いま …

さあ、アドラー心理学を学ぼう-『ありのままの自分を認める』岩井俊憲著-

こんにちは。七転び八起きです。 昨年の僕が読んだ本の中でマイベストは『嫌われる勇 …