78cafe

コーヒー&スイーツ、本など気ままに思いを綴るブログ

*

その「褒めて伸ばす」という考えが相手も自分も駄目にする

      2015/11/08

praise01

今日のお題は「褒める」ということ。部下を褒める、子供を褒める、パートナーを褒めるなど褒めて相手をやる気にさせ、その結果として色々な事が出来るようになる、成長させると言った思いを少なからず持っている人って多いですよね。昔は僕もその1人でした(笑)

部下が気持ちよく仕事をして貰うためには、上司として良いところを見つけて褒める。子供を叱るだけでなく、良かったことはキッチリと褒める。パートナーのことも気を配りながら褒める。

この「褒める」って行為、とても大切だと教わったような、どこかで聞いたような・・・で、いつの間にか自分の中で正しい、よい価値観になっている人が多いと思います。実際に自分が褒められたときに嬉しかった記憶も相まって尚更、「褒める」という行為の大切さを感じるようになった。

 

スポンサードリンク

 

「褒めた」のに・・・「褒められた」のに・・・

だけど、褒めるというのは必ずしも自分が思っていたように相手が受け取るわけではないです。そこが難しい。例えばこんな経験があるのでは?仕事や勉強を自分なりに一生懸命頑張ったけど、思ったような成果が出なかったとき、上司や親から褒められた。

上司「今回のプロジェクトの成果、よかったね!」

自分「いや・・・目標には遠く及ばずでしたのでダメでした・・・(無理に慰めてくれなくてもいいのに)」

 

またこんなこともある。髪を切った女性をと褒める。

自分「今度の髪型、似合ってるね!」

女性「あ、ありがとう・・・(前の髪型はダメだったの?)(私はこの髪型、失敗したと思ってるけど)」

 

このように「褒めた」のに相手には嫌がられたり、「褒めた」のに相手に怒られたり・・・

「褒められた」のに嘘だと感じたり、「褒められた」のに何かイラッときたり・・・

これって「褒めた」側からしたら何で?って感じですよね。そして、「褒められた」側も実は何で?だったり、何言ってるの?だったりすごく微妙。しかも、同じことを言われても言われる相手によっても素直に受け取れたり、受け取れなかったりになる。

「褒める」というのは誰でも出来るという行為ではない

praise03

このようなことでもわかるように「褒める」という行為は難しいんです。少なくとも僕には。それは相手の受け取り方によって大きく効果が左右するからで、僕にはそこが予測できないんですね。それなのに「しなければならない」「したほうが良い」行為だと思いつづけていました。そしておそらく僕と同じように、難しいのに「褒める」ということを多くの人が努力し、そして壁に当たっている。実際にあなたの周りを見回してみて。「褒め上手」って思える人はどのぐらいいるだろうか?

きっとほんの一握りだし、僕らが「褒め上手」と思っている人も本人の認識は褒め上手だとは思っていないかも。こんなに必要だという認識なのに上手く出来ないのは「褒める」というスキルはとても難しいものだから。誰でも出来る行為ではないんです。

だったら、もう頑張って褒めようとするのやめませんか?

「褒める」ことは出来なくても「承認」ならできる

praise02

そんなこと言われても「褒める」ことは大切だからやめられない!と思う方もいるでしょう。そんなときに是非、取り組んで欲しいのは「承認」という行為。「褒める」のは高等テクニックでみんなが使えるものではない。でも「承認」ならちょっと練習すれば出来るようになってくる。

実はこの「承認」という行為と「褒める」という行為、似ているようでちょっと違う。だから混同して理解している人もいる。そんなこと聞いたことがないから当たり前。でも、違いが分かるとすごく納得できて使い分けも出来るようになる。

ではその違いは何なの?

「褒める」ことと「承認する」ことの違い

テストで子供が90点を取ったとき

「褒める」なら

親「90点、すごいじゃない!」

子「そうでもないよ・・・」(だって、ほとんど全員100点だったよ)

 

「承認する」なら

親「90点だね」

子「うん。でもほとんどの人が100点だったんだ」

親「そうか。でもあと1問だから。次は間違えないようにしよう」

 

女性が髪を切ったとき

「褒める」なら

同僚「ショートも似合ってるね!」

女性「ありがとう」(思ったよりも切られてしまって自分は嫌なんだけど・・・)

 

「承認する」なら

同僚「髪を切ったんだね!」

女性「気づいてくれた?だけど、切りすぎてしまって・・・・」

同僚「そうなんだ~。でも僕は好きだなぁ」

女性「ほんと?ありがとう!」

 

このようにうまくいくとは「承認」でも限らない。それでも的外れなことをいうことにはならず、ただ価値判断のない事実だけ述べれば相手も受け入れやすくなる。だから頭を捻って絞り出して「褒める」ということをせずとも「承認」するということを意識して行うだけで苦手意識もなくなり、相手からの心象もよくなる。まさに一石二鳥なんです。

自分のため、相手のために「褒める」のではなく、「承認」を意識してやってみませんか?

 - 考え方 ,

Comment

  1. 通りすがりのほのぼのさん より:

    人と向き合うのは難しい。指摘されているように褒めてもまっすぐ受け取られるとは限らないけど、承認も然り、ということも。信頼関係の程度によって違うという気がする。

    • 七転び八起き より:

      コメントありがとうございます。
      なるほど。
      信頼関係は大切ですよね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

余裕のないときこそユーモアを言いたい

こんにちは。七転び八起きです。いま、『夢をかなえるゾウ3』水野敬也著を読んでいま …

大切なものを失って最後に残ったもの

こんにちは。七転び八起きです。ここ数年、僕は自らの選択により、大切なものをたくさ …

いまの自分を犠牲にする理由

  自分がなれるもののための準備 今の自分を手放すことが出来るか? こ …

男には二通りある -出来る男と出来ない男-

こんにちは。今回のタイトル、最近、見ている『ワールド・デストラクション』の影響を …

真摯さとは何か-「ドラッカーが『マネジメント』でいちばん伝えたかったこと」-

こんにちは。七転び八起きです。 突然ですがみなさん、『真摯さ』ってなんだと思いま …

部下の能力を問うなら自分たちの能力も問うのが上司?

こんにちは。今日は思い出話をひとつ。それは昔、まだ僕が20代の半ば~後半だった頃 …

愛のメッセージ、Iメッセージ

最近、話していたりメールしているときにふと気が付きました。 僕は意識的にIメッセ …

夢を実現するための最短の道は

こんにちは。七転び八起きです。大分涼しくなってきましたね。読書の秋とコーヒーの秋 …

貧乏神が教える貧乏人の考え方!-『夢をかなえるゾウ2』水野敬也著-

こんにちは。七転び八起きです。今日、紹介する本は『夢をかなえるゾウ2』水野敬也著 …

「何で言わなかったの?」から学ぶこと

    「何で言わなかったの?」「何で言ってくれなかったの? …