78cafe

コーヒー&スイーツ、本など気ままに思いを綴るブログ

*

世界一残酷な成功法則は受け入れられるのか? -『超一流の二流をめざせ』長倉顕太著-

      2015/09/29

ichiryu01

『超一流の二流をめざせ』というタイトルに目を奪われた。何じゃそりゃ?と(笑)

超一流の二流・・・組織のNO.2のこと?

超一流の二流・・・そもそも二流ってなに?

そんな疑問が浮かびながら発売前の書籍に関わらずネットで予約。僕にしては珍しい。ここ一年で予約して購入した本はNexus5の本ぐらいだろうか(笑)

まさにこのタイトルに惹かれて購入したこの本。今のところ僕が今年読んだ本の中で1番読んで良かったと思うものとなった。

世界一残酷な成功法則は一流ではない99%の人に向けられたモノ

ichiryu02

まず、本書でガツンと思い知らされる。僕はいま「一流」ではないしこのままでは「一流」にはなれない。なぜなら、いまある成功法則は「一流」の人たちの書いた成功法則だし、世の中に出回るベストセラーは僕らの求めるものが狙って書かれているからだという。

考えて見れば当たり前のことなのに、僕らはベストセラーというだけでなんか本の内容が良いのではないかと期待して手に取る。そして、中を見て納得する。「やっぱりね!」と。

この「やっぱりね!」という感覚、本を読んでいると頭の中で繰り返されることがないだろうか?僕はよくある。それは、成功法則だったりスピリチュアルだったり、多くの本は実は似たような事が書かれているから。それって何となく思っていたこと。

だからこうなる・・・「やっぱりね!」と。

内容は分かっているのに出来ない現実

でも本を読んで実行しても出来ないことがたくさん出てくる。内容は分かっている。何冊も本を読んで共通するようなことがある。ポジティブシンキング、引き寄せの法則、習慣化、時間の使い方などなど・・・

もちろん、身につけられたものが無かったわけではない。前進は少しずつしているし、成長していると自分でも思う。それでもこの速度で成長する事で、世の中に沢山ある成功法則の著者達と肩を並べるぐらいに至ることができる?と聞かれたら自信はない。

何でだろう?分かっているのに出来ない。

多分、それは本質を分かっていないから。そして、僕は彼等とは違うから。彼等のような「すごい人」にはなれない。今のままではなれない。それは僕がとっている生き方、考え方の問題なんだ!

世の中で大きな成功を収めている人は1%。世の中の成功法則はその1%の人が書いているものが殆ど。残りの99%にあたる僕がそれをすることは実は世の中に踊らされている?マーケティングにやられているだけなのかもしれない(笑)

ストーリーと完全を求める性

映画を見て後味が悪い終わり方をするものを見るとなんか納得できない。

マンガで思わぬ展開にて思い入れのあるキャラクターがあっけなく死ぬと納得できない。

そんな経験がいくらでもある。それって、僕自身が期待しているストーリーや完全性があってその通りになってくれるものでないとスッキリしないし、好きになれない。それがでているいい例だ。この性がある以上、世の中の多くの人が好きなストーリーに踊らされ、それに沿った行動になる。

これで自分らしく生きられるのか?

劇薬とも思える内容

ichiryu03

序盤からずっと考えさせられ、気付きのある内容の本書。出版業界の問題などにも触れ、一般の人が求めている、都合良くとらえていることとベストセラーの関係についても触れているからか、書店を何カ所か見たけど平積みして目立つ場所に置いているところはなかった。

この本は僕にとっては劇薬だけれども今年読んだ中で、1番インパクトがあり、新しい発見、視点を持てるものだった。

世界一残酷な成功法則は視点を変えると残酷ではなく当たり前のことになる。人それぞれなんだから、同じストーリーで生きなくていい。別のストーリーで生きた方が良い。そういう風に思える人が他にも出てくるのではないか。そう思わせる本。

劇薬、飲んでみますか?

by カエレバ

 - , 考え方

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

大切なものを失って最後に残ったもの

こんにちは。七転び八起きです。ここ数年、僕は自らの選択により、大切なものをたくさ …

Noと言われるリスクは本当にリスクなのか?

こんにちは。七転び八起きです。先日の記事、『聖なる旅』のところでも他の記事でも何 …

ちょっと古いけど内容は今も通じるものがある -飯田史彦著『生きがいの真実』-

こんにちは。七転びです。今日は本の話題です。『生きがいの真実』という2003年初 …

愛のメッセージ、Iメッセージ

最近、話していたりメールしているときにふと気が付きました。 僕は意識的にIメッセ …

アドラー、第3の男の心理学は目から鱗の連続だった-『嫌われる勇気』-

  こんにちは。七転び八起きです。台風、凄い雨でしたね。昨日、手にした …

あの青年の卑屈さが更にパワーアップして哲人に襲いかかる!アドラー心理学・愛と幸せの教本-『幸せになる勇気』-

こんにちは。2月末から出張で外泊が続き、3月3日に家に戻る僕には楽しみがあった。 …

次の大河ドラマ『花燃ゆ』を見る前の予備知識ならこれがいい-『世に棲む日日』司馬遼太郎著-

こんにちは。七転び八起きです。2014年に年末のテレビを見ていたら・・・2015 …

貧乏神が教える貧乏人の考え方!-『夢をかなえるゾウ2』水野敬也著-

こんにちは。七転び八起きです。今日、紹介する本は『夢をかなえるゾウ2』水野敬也著 …

人を動かすのは恐怖、人を育てるのは尊敬

こんにちは。七転び八起きです。今日のブログタイトルは 人を動かすのは恐怖、人を育 …

僕が部下に「メモを取る」ように指示する多くの人と違う理由

こんばんは。七転びです。今日は「メモを取る」ことについて書きたいと思ってます。 …