78cafe

コーヒー&スイーツ、本など気ままに思いを綴るブログ

*

真の姿とはなんだ?-『住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち』川口マーン惠美 著-

   

ドイツという国、どんなイメージ持ってます?僕はしっかりとした国のイメージで、環境立国のような感じを抱いていた。だけど先日のVW、ディーゼル車の不正ソフトウェアの件で違和感。

あれ?ドイツって技術力がハンパないんじゃないの?

真の姿ってなんだ?最近よく思うこと。結局、僕らが目にしたり耳にしたりしている情報は誰かの意図があって流されているもの。だから、情報は作られているし、その情報にのった意図に踊らされているのか。

sundemita

そんなときに何かで目にしたこの本。早速読んでみることにした。

スポンサードリンク

 

体験しないと分からない、体験しているから分からない

自分の見ているものは真実なのか?

この本を読むと自分が思い描いていたドイツはどこからかすり込まれた情報に過ぎないということが分かる。この本も1つの情報なのだろうけど、今まで僕が勝手に描いていたものと違う。

 

日本も同じだ。

日本は素晴らしい国だと色々なもので知らされてきた。一方で色々なもので日本はおかしいと知らされてきた。人それぞれの意見がある。だけど、やはり情報を発信するからには何らかの意図がある。その意図を意識して自分なりに情報をくみ取らないと気付かないうちに人の意図で生きている事になっている。

体験しないと分からないことが沢山ある。一方で体験しているけど当たり前になっていて分からない事も沢山ある。

ドイツが素晴らしい国だって、きっとそうなんだろうけど行ったことも無いのに勝手にそう思ってた。でも、この本を見ると素晴らしい国ではあるけど、日本はもっと素晴らしい。そう思える。

日本のすばらしさを知る意味でも、ドイツのすばらしさを知る意味でもこの本を読む価値はある。自分の描いていたものと違うドイツが見えるかもしれない。

もし、今までと違うドイツが見えたとしたら、それは誰が見ていたドイツなんだろう?そして、今の日本に対する認識も誰の考えを投影したモノ?

本を読むことが大切だと思える一冊だった。

by カエレバ

 - ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

宇宙を完璧と思えるか?これもすべて個人の課題だと気が付く本『you can have it all』

こんにちは。七転びです。今日は本のお話し。もう一つのブログにも本の話を書きました …

読んで3回涙が流れた。なぜ過去を悔やみ、未来に思いを馳せるのか?-『コーヒーが冷めないうちに』-

この本『コーヒーが冷めないうちに』川口俊和著、はじめに書きますが三回涙しました。 …

貧乏神が教える貧乏人の考え方!-『夢をかなえるゾウ2』水野敬也著-

こんにちは。七転び八起きです。今日、紹介する本は『夢をかなえるゾウ2』水野敬也著 …

さがし物はどこにあるのか?-『聖なる旅』-

こんにちは。七転び八起きです。お正月三が日ももうすぐ終わりですね。そろそろ仕事の …

あの青年の卑屈さが更にパワーアップして哲人に襲いかかる!アドラー心理学・愛と幸せの教本-『幸せになる勇気』-

こんにちは。2月末から出張で外泊が続き、3月3日に家に戻る僕には楽しみがあった。 …

ちょっと古いけど内容は今も通じるものがある -飯田史彦著『生きがいの真実』-

こんにちは。七転びです。今日は本の話題です。『生きがいの真実』という2003年初 …

余裕のないときこそユーモアを言いたい

こんにちは。七転び八起きです。いま、『夢をかなえるゾウ3』水野敬也著を読んでいま …

アドラー、第3の男の心理学は目から鱗の連続だった-『嫌われる勇気』-

  こんにちは。七転び八起きです。台風、凄い雨でしたね。昨日、手にした …

真摯さとは何か-「ドラッカーが『マネジメント』でいちばん伝えたかったこと」-

こんにちは。七転び八起きです。 突然ですがみなさん、『真摯さ』ってなんだと思いま …

エーリッヒ・フロム著『愛するということ』を手にし読み始めた

エーリッヒ・フロムをご存知ですか?僕はずっと前から名前は知っていました。そう・・ …