78cafe

コーヒー&スイーツ、本など気ままに思いを綴るブログ

*

貧乏神が教える貧乏人の考え方!-『夢をかなえるゾウ2』水野敬也著-

      2015/01/15

こんにちは。七転び八起きです。今日、紹介する本は『夢をかなえるゾウ2』水野敬也著です。

皆さんはこのシリーズ読んだことありますか?

昨年末に『夢をかなえるゾウ3』も出ていますので、そちらを読み終えた人もいると思います。

が、今日は2のお話。2も年末に文庫化されたので・・・いつ買うの?今でしょ!

スポンサードリンク

 

貧乏神の教えが心に刺さる

豊になるための考え方

yumewokanaeruzou2

今回の主人公はお笑い芸人で売れることを目指している男。とても努力し、勉強を重ねてきたが売れていないし、売れる兆しも見えない。極度のあがり症であり、自分に自信を持てないところも足枷となっている設定。

そんな主人公のところにガネーシャが現れて話が進んでいくのだが、今回は「貧乏神」も出てくる。この「貧乏神」は貧乏でいることが大好きだから、貧乏くさい事をする主人公のことも大好き。

だけど、この貧乏神の教えが素晴らしい。

「貧乏神の間に伝わる格言で『貧乏人にプレゼントをさせるな』というものがあります。(中略)でも、プレゼントをして相手を喜ばせる経験をすれば『自分以外の誰かを喜ばせることは楽しい』と感じられるようになるからです。」

とか、

「自分が困っているときに人を助けてあげられる人は、『困っている』という感情から抜け出すことができます。」

などなど、心にスーッと入ったり、グサッと刺さったりするものが多数出てくる。自分の貧乏思考の度合いを測るにはうってつけの内容です。

貧乏神が貧乏人を肯定することによって得られるもの

褒められてるけど本当に自分はこれでいいの?

この『夢をかなえるゾウ2』、できている人には「単なる貧乏人が自己改革していく物語」を面白おかしく書いた復習の為の小説となります。

そして、僕のように貧乏神に好かれそうな考え方の持ち主には違う意味の本になるのがこの本のすごいところです。小説全般的に「貧乏に向かう考え方を貧乏神に肯定されつつも、新しい考えを提示される」ので、いつの間にか書いてある内容に励まされます。そして、前に進みたいと思う気持ちになってくるんです。

成功法則を書いてある本を読むと「自分は出来てない。頑張らなきゃ!」となることはよくありますよね。だけど『夢をかなえるゾウ2』は違う感じ方ができる。「その貧乏に向かう考え方素敵ですね~!」という感じに受け入れられ、貧乏神は心の底から褒める(笑)。そうすると、それに対して怒れないし、だけど、この考え方はやっぱり変えようと自然と思える。そんな素敵な本なんです。

とても読みやすいので書店で見かけたら、手にとってさーっと流し読みしては?きっと、ガネーシャと貧乏神の魅力にやられますよ(笑)

さてこのまま『夢をかなえるゾウ3』に突入する!!

by カエレバ

 - , 考え方 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

愛のメッセージ、Iメッセージ

最近、話していたりメールしているときにふと気が付きました。 僕は意識的にIメッセ …

さがし物はどこにあるのか?-『聖なる旅』-

こんにちは。七転び八起きです。お正月三が日ももうすぐ終わりですね。そろそろ仕事の …

この流れは僕には必然?「ありがとう」「ごめんなさい」「ゆるしてください」「愛しています」-『生き方楽々 ホ・オポノポノ』-

こんにちは。七転び八起きです。先日、ダン・ミルマン著『聖なる旅』を読んでから何か …

ちょっと古いけど内容は今も通じるものがある -飯田史彦著『生きがいの真実』-

こんにちは。七転びです。今日は本の話題です。『生きがいの真実』という2003年初 …

さあ、アドラー心理学を学ぼう-『ありのままの自分を認める』岩井俊憲著-

こんにちは。七転び八起きです。 昨年の僕が読んだ本の中でマイベストは『嫌われる勇 …

僕が部下に「メモを取る」ように指示する多くの人と違う理由

こんばんは。七転びです。今日は「メモを取る」ことについて書きたいと思ってます。 …

真摯さとは何か-「ドラッカーが『マネジメント』でいちばん伝えたかったこと」-

こんにちは。七転び八起きです。 突然ですがみなさん、『真摯さ』ってなんだと思いま …

あの青年の卑屈さが更にパワーアップして哲人に襲いかかる!アドラー心理学・愛と幸せの教本-『幸せになる勇気』-

こんにちは。2月末から出張で外泊が続き、3月3日に家に戻る僕には楽しみがあった。 …

大切なものを失って最後に残ったもの

こんにちは。七転び八起きです。ここ数年、僕は自らの選択により、大切なものをたくさ …

世界一残酷な成功法則は受け入れられるのか? -『超一流の二流をめざせ』長倉顕太著-

『超一流の二流をめざせ』というタイトルに目を奪われた。何じゃそりゃ?と(笑) 超 …