78cafe

コーヒー&スイーツ、本など気ままに思いを綴るブログ

*

愛のメッセージ、Iメッセージ

   

最近、話していたりメールしているときにふと気が付きました。 僕は意識的にIメッセージを使うようになってきたなと。今日はそんなお話です。

昔の自分を思い出す

他人批判をしていた若かりし頃

a1180_010438

僕は今、40歳を超えました。まさか自分がこんな年になるとは若い頃は思ってなかった(笑)。それでもやっぱり年を重ねるうちに、昔の自分が弱かったなぁと思う事が多々ある。

その一つが他人批判。僕は他人批判の達人でした。仕事を出来ない人を叱る、批判する事は多くなかったと思うけど、仕事をしない人、やる気のない人、無責任な人に対しては厳しかった。

今考えるとそれで人を動かそうとしていたんですね。

自分が変われば周りも変わるかもしれないのに。自分は変わっているつもりになって、相手の気持ちを考えているつもりになって。

スポンサードリンク

 

自分の意見を伝えるときに役に立つIメッセージ

コーチングで学んだこと

35歳ぐらいだったか。その当時の会社の研修でコーチングの初歩的なことを学んだ。野郎だけの研修会場にやってきたプロコーチはとても綺麗な女性だった。

それだけでやる気がupするのは男の性(さが)。

そしてその研修が始まると、コーチから教わるコミュニケーションスキルと考え方は驚きの連続だった。

  • コミュニケーションの主導権は聞き手にあること
  • 承認(アクノレッジ)の仕方
  • 質問と詰問
  • オープンクエスチョンとクローズドクエスチョン
  • You、I、Weメッセージ
  • 4つのタイプ

などなど今までの自分のコミュニケーションスキルがいかに我流だったか、学習を怠ってきたかがよく分かった。

意識すれば使えるようになる効果の高いIメッセージ

そのなかでも、今朝、自分が使えてるなと感じたのがIメッセージ。これ、意識すればきっと誰でも使えるようになるし、これを使えると自分の気持ちをスムーズに伝えられる技術なんで、ちょっと紹介。

例えば誰かが掃除をしてくれて綺麗になった事について

【Youメッセージ】

(君が)掃除して職場が綺麗になったね
(君の)掃除はいつも丁寧だね など

【Iメッセージ】

掃除してくれたから(僕は)すがすがしい気持ちだよ
綺麗になって(僕は)仕事にやる気が出てきた など

【Weメッセージ】

いつも掃除してくれるのでみんな本当に感謝してるよ
職場が綺麗なのは○○さんのお陰だとみんな言ってるよ

 

掃除をした相手に対する伝え方は上記のように3種類のメッセージ性がある。

Youメッセージは「きみは掃除をしたんだね」という事実を伝えようとしている。そう、「You」が何をしたかを表している。

極端な話しだけどこの言い方だと相手は「私はまだ綺麗になっていると思わない!」なんてことを思うかもしれない。

それに対して、IメッセージやWeメッセージは「あなたがしたことで私はこう思う・我々はこう思う」ということを伝えているので、相手はそのままの言葉として受け取りやすい。

つまり普段何気なく話しているときやメールなどで自分の考えを伝えるときに、YouメッセージをIメッセージに置き換えるだけで、スムーズにコミュニケーションが取れるようになるってこと。

相手に気付いて欲しいときに敢えて受取りやすいメッセージを送る

若い頃の僕は相手の批判の達人だったと書いたけど、別になりたくてなったわけではない。相手がこうなったらよくなるのに!っていう余計なお世話がそうさせていた。

いま、職場や周りを見ていてもYouメッセージを使う人が多い。もちろんその中には余計なお世話もたくさんあるのかも知れないけど、相手を思ってるってことには変わりない。

だからこそ、相手に伝わる、相手が受け取りやすいメッセージを送るのが、送り手の気配りかも。

自分のことを考えて見ると、正面切って厳しいことを言われることで堪えることもあるけど、どこか素直に受け取れないってこと無い?

僕は結構ある(笑)

Iメッセージを意識して送ってみませんか?きっとそれが愛のメッセージになりますよ。

 - 考え方

Comment

  1. ともみ より:

    Iメッセージ

    私は当たり前にやってる(笑)
    というか、自己中?(笑)

    私はこう思うんですよね~
    ってすると大体うまくいってて
    あとは相手の受け取りかた次第というか。

    まとまりなくてごめんなさい♪

    • 七転び八起き より:

      コメントありがとうございます。
      さすがともみさんですね。

      あとは相手の受け取り方次第。
      ホント、そうだと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

世界一残酷な成功法則は受け入れられるのか? -『超一流の二流をめざせ』長倉顕太著-

『超一流の二流をめざせ』というタイトルに目を奪われた。何じゃそりゃ?と(笑) 超 …

夢を実現するための最短の道は

こんにちは。七転び八起きです。大分涼しくなってきましたね。読書の秋とコーヒーの秋 …

貧乏神が教える貧乏人の考え方!-『夢をかなえるゾウ2』水野敬也著-

こんにちは。七転び八起きです。今日、紹介する本は『夢をかなえるゾウ2』水野敬也著 …

いまの自分を犠牲にする理由

  自分がなれるもののための準備 今の自分を手放すことが出来るか? こ …

大切なものを失って最後に残ったもの

こんにちは。七転び八起きです。ここ数年、僕は自らの選択により、大切なものをたくさ …

Noと言われるリスクは本当にリスクなのか?

こんにちは。七転び八起きです。先日の記事、『聖なる旅』のところでも他の記事でも何 …

その「褒めて伸ばす」という考えが相手も自分も駄目にする

今日のお題は「褒める」ということ。部下を褒める、子供を褒める、パートナーを褒める …

人を動かすのは恐怖、人を育てるのは尊敬

こんにちは。七転び八起きです。今日のブログタイトルは 人を動かすのは恐怖、人を育 …

部下の能力を問うなら自分たちの能力も問うのが上司?

こんにちは。今日は思い出話をひとつ。それは昔、まだ僕が20代の半ば~後半だった頃 …

この流れは僕には必然?「ありがとう」「ごめんなさい」「ゆるしてください」「愛しています」-『生き方楽々 ホ・オポノポノ』-

こんにちは。七転び八起きです。先日、ダン・ミルマン著『聖なる旅』を読んでから何か …