78cafe

コーヒー&スイーツ、本など気ままに思いを綴るブログ

*

Noと言われるリスクは本当にリスクなのか?

   

こんにちは。七転び八起きです。先日の記事、『聖なる旅』のところでも他の記事でも何回か、触れているんですが、僕の今の個人的な課題は自分を受け入れる、信頼する、愛するってことだと思ってます。

さがし物はどこにあるのか?-『聖なる旅』-

そんな時だからこそ目に入ってくるメッセージは似てるんですね。今日も本を読んでいて目に入ってきた内容は「Noと言われるリスクを回避していたらYesと言われることもない」ということでした。それは当たり前のことなんですよ。

だけど、この当たり前を当たり前のように出来ているかというと、普段の僕は出来ていなかったんです。少しずつ出来るようになってきたと思います。それでも踏み切れないときもかなりある。無意識のうちにそのストレスを回避しようとしてる。

スポンサードリンク

 

2015年の自分のテーマに繋がるもの

Noと言われることがYesを遠ざけるとは限らない

yesorno01

今日の本を読んで引っかかった内容「Noと言われるリスクを回避していたらYesと言われることもない」ということ。何で僕はNoを避けるのかということを考えて見ると「自分が否定されたような気になるから」「断られたら駄目だから」「Yesと言われたいから」・・・などなど。結局、肯定されたい自分。

でも、何で人に肯定されたいか。それは自分自身を肯定出来ず、自分自身を認めていない部分があるから。そういうことなんじゃないかと最近は思うんです。

そしてNoと言われることがYesを遠ざけるとは限らないということも、自分自身を受け止めて、愛することが出来たときに真の意味で理解出来るのかもしれない。

Noと言われて気が付くこともある

yesorno02

仕事、生き方でも共通すること。それはNoと言われたり、失敗したり、そこからの学びはとても大きいということ。そしてNoや失敗が、Yesや成功に近づく道を示してくれることも沢山あるということ。

そう考えるとNoも失敗も人生の糧として、一部として受け止める、受け入れる。自分を愛すること、受け入れることって結局、どんな自分でもOKと認めることと考えると、共通するところがあるのかも。

まだまだ日々、勉強しなくちゃ。

 - スピリチュアル, 考え方

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

真摯さとは何か-「ドラッカーが『マネジメント』でいちばん伝えたかったこと」-

こんにちは。七転び八起きです。 突然ですがみなさん、『真摯さ』ってなんだと思いま …

ちょっと古いけど内容は今も通じるものがある -飯田史彦著『生きがいの真実』-

こんにちは。七転びです。今日は本の話題です。『生きがいの真実』という2003年初 …

僕が部下に「メモを取る」ように指示する多くの人と違う理由

こんばんは。七転びです。今日は「メモを取る」ことについて書きたいと思ってます。 …

僕が僕である理由(2)

こんにちは。七転び八起きです。この記事はこの前の記事の続きです。 僕が僕である理 …

僕が僕である理由(3)

こんにちは。七転び八起きです。前回の記事の続きです。 僕が僕である理由(1) 僕 …

時間を大切にすることとは命を大切にすること

こんにちは。七転び八起きです。最近、すっかり仕事のスピード感が遅くなっていたのを …

『[魂の目的]ソウルナビゲーション -あなたは何をするために生まれてきたのか-』 数秘術のお話

こんにちは。七転び八起きです。今日は本であり、少しスピリチュアルな話。僕は女性ほ …

自分の身体が発しているサインにどれだけ敏感になれるか

こんにちは。七転び八起きです。本日、持病を発症しました~。カボジ水痘症という病気 …

いまの自分を犠牲にする理由

  自分がなれるもののための準備 今の自分を手放すことが出来るか? こ …

男には二通りある -出来る男と出来ない男-

こんにちは。今回のタイトル、最近、見ている『ワールド・デストラクション』の影響を …