コーヒー&スイーツ、本など気ままに思いを綴るブログ

78cafe(ななはちかふぇ)

コーヒー器具

見せて貰おうか。KEY COFFEEの新しいドリッパーの性能とやらを!-KEY クリスタルドリッパーはどうなんだ?-(1)

更新日:

こんにちは。七転びです。とうとう手に入れた「KEY クリスタルドリッパー」。あとは淹れてどうなのかを見るしかない。というわけで抽出し味比べすることに。

恐らくライバルであろうHARIO V60ドリッパーと比較する

恐らくこのKEY クリスタルドリッパーのライバルはHARIO V60であろう。ただ、今の販路から考えるとクリスタルドリッパーはあくまでKEY COFFEEの店頭で販売をメインとした考えかもしれない。

だからそもそもライバルというわけではなく、購入する客層が若干ずれているのかも。

そんなことはKEY COFFEEのマーケティング部に任せて、こちらはそんなことを気にせずにこの新型の実力をHARIO V60(VD-02T)と比較して見ていこう。

「見せて貰おうか。KEY COFFEEの新型ドリッパーの性能とやらを!」

スポンサーリンク

外観:鮮やかさが光るクリスタルドリッパー

key-hario01

まずは外観チェック!左がHARIO V60で右がKEY クリスタルドリッパー。V60についてはちょっと使い込んでいるので、透明度についてはご容赦願いたい(笑)

両者とも1~4杯用の円錐型ドリッパーだ。V60が新品同様であってもクリスタルドリッパーの光の反射で輝く鮮やかさには見劣りするだろう。見た目は好みの問題だが、個人的にはクリスタルドリッパーの方が好き。

大きさはほぼ同じ。若干V60の方が背が高いがこれは本当に微々たる差。

材質や重量の違いは?

  材質 耐熱温度 重量 価格
クリスタルドリッパー ポリカボーネート 120℃ 122g 598円
V60(VD-02T) AS樹脂 100℃(?) 110g 486円

 

材質の違いにより耐熱温度が違う模様。特にV60には耐熱温度の記載はないが、材質がAS樹脂ということで恐らく100℃ぐらいと思われる。重さは当たり前だがほぼ同じ。この重量は我が家にあるものを電子秤で計測。

価格はこの記事を書いている2014年11月16日現在の各社webサイトの通販価格。

コストパフォーマンス:V60の方が入手しやすさも含めお得?

さて、そうなるとどっちがお得かとなると、現状は大きな金額差があるわけでは無いもののV60だろう。両者とも本体とメジャースプーンが付属する。今はキャンペーンでこの価格にペーパーフィルター40枚も含まれているからお買い得感がさらにある。

そしてなんと言っても入手のしやすさには雲泥の差がある。

V60は今は結構いろんな場所で販売されている。家電量販店、デパート、loft、楽天、Amazonなどなど。それに対してクリスタルドリッパーは単品販売だけ考えると今日現在、KEY COFFEEのお店か自社のweb通販のみ。

クリスタルドリッパーはフラフラと買い物に行って買えるものではないという感じだろうか。ここが一番の差かもしれない。

あとは抽出したときの味に違いが有るのか無いのか・・・ここに差が出るようなら差別化に繋がる。抽出については次回に詳しくアップする。

あれ?これでは実力を見せて貰えてない?(笑)

つづく

見せて貰おうか。KEY COFFEEの新しいドリッパーの性能とやらを!-KEY クリスタルドリッパーはどうなんだ?-(2)


※2015年2月16日追記

楽天でクリスタルドリッパーの販売が始まったようです。

by カエレバ

-コーヒー器具
-, , ,

Copyright© 78cafe(ななはちかふぇ) , 2018 All Rights Reserved.