78cafe

コーヒー&スイーツ、本など気ままに思いを綴るブログ

*

男には二通りある -出来る男と出来ない男-

      2015/06/01

こんにちは。今回のタイトル、最近、見ている『ワールド・デストラクション』の影響を受けています(笑)。さて、今回の記事の内容は先日、Twitterで呟いたらリツイートして頂けたのもあって、調子に乗って記事にすることにしました。

周りを見回すと、出来る男の人って居ますよね。「出来る」と括ると大きいような感じもしますが、仕事が出来る、人を育てることが出来る、遊びが出来る・・・などなど、様々な分野の出来る男たちは、同性から見ても格好いい。

その出来る男たちはなぜできるのか?実はそれってとっても単純なことなんだと気が付きましてここに発表いたします(笑)

司馬遼太郎、ロバート・B・パーカーに学ぶ出来る男達

土方歳三、スペンサー、ジェッシイに共通する考え方

hotshot01

僕の周りには幸いにして出来る男がとても多い。これは自分でもとても恵まれていると思うし、自分の運の強さでは無いかと思っている。運も実力のうち(笑)

そんな中でじゃあ、出来る男ってどういうことが共通しているのか?そこを気にして見ているとこの歳にしてやっと分かってきたことがある。それは司馬遼太郎やパーカーの描いた男達にも共通するところが。ではどんなところ?

共通点1:出来る男は周りの評価を気にしない

出来る男は周りにどう思われていようと気にしない。気にしているのかもしれないけど、気にしない傾向。スペンサーが依頼人からなんと思われようとも、自分の仕事をやり遂げる姿勢は自分の芯、ポリシーがあるのが分かる。ジェッシイにしても、土方歳三にしても周りにどう思われても自分の役割を知っている。

『燃えよ剣(上)』にて山南が新撰組を脱走したとき、土方歳三は沖田総司に新撰組副長としての自分の役割と新撰組がどういうときにばらばらになるかを知っているか?と次のように述べています。

「副長が、隊士の人気を気にしてご機嫌とりをはじめるときさ。副長が、山南や伊東(甲子太郎)みたいにいい子になりたがると、にがい命令は近藤の口から出る。自然憎しみや毀誉褒貶は近藤へゆく。近藤は隊士の信を失う。隊はばらばらさ」

 

共通点2:出来る男は準備をする

education01

出来る男は準備をする。スペンサーは日々の鍛練を怠らず、生死の淵をさまよった後でもリハビリを行い復活を果たしています。また、自分の身が危険にさらされるかもしれないというときはたとえば外出中に誰かが侵入していないか、ドアを開けたらスペンサーだけが分かるような仕掛けをして外出します。

土方歳三も戦う場所を想定し準備をします。もちろん、刀など相手と戦うための武器の準備も怠りません。

事実、僕の周りのできる男たちも準備こそ綿密に行う人が多い。本番に弱い強いはあれど、本番に弱い人はなおさら事前に準備を行う。そういう男はほぼ間違いなく出来る男です。

共通点3:出来る男は出来る方法を考える

そして、僕が考える最大の特徴は「出来る男は出来る方法を考える」ということ。スペンサーは「自分の出来ることをやって何が起こるかを見る」というようなことをたびたび口にし、そして行動します。できない言い訳を考えて諦めるのではなく、自分たちに出来ることを考え実行する。

ジェッシイは元妻ジェンのこととなると弱さを見せますが、警察官として行動するときは出来ることを考えて実行する。それが様々な事件解決へと繋がって彼が出来る男、タフな男であると周りから認識されている。

出来る男になりたいなら

hit01

出来る男になりたいなら当たり前だけど、出来ない男を止めること。出来ないと考え諦めるのではなく、どうしたら出来るかを考える。出来る方法を考えていると、そこには準備が必要であり、周りの意見も気にしないことが必要になる。

どうしたらできる?

いつならできる?

誰ならできる?

どこならできる?

男には二通りある。出来る男と出来ない男。あなたはどちらを選びますか?

 - , 考え方 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

この流れは僕には必然?「ありがとう」「ごめんなさい」「ゆるしてください」「愛しています」-『生き方楽々 ホ・オポノポノ』-

こんにちは。七転び八起きです。先日、ダン・ミルマン著『聖なる旅』を読んでから何か …

さあ、アドラー心理学を学ぼう-『ありのままの自分を認める』岩井俊憲著-

こんにちは。七転び八起きです。 昨年の僕が読んだ本の中でマイベストは『嫌われる勇 …

Noと言われるリスクは本当にリスクなのか?

こんにちは。七転び八起きです。先日の記事、『聖なる旅』のところでも他の記事でも何 …

貧乏神が教える貧乏人の考え方!-『夢をかなえるゾウ2』水野敬也著-

こんにちは。七転び八起きです。今日、紹介する本は『夢をかなえるゾウ2』水野敬也著 …

部下の能力を問うなら自分たちの能力も問うのが上司?

こんにちは。今日は思い出話をひとつ。それは昔、まだ僕が20代の半ば~後半だった頃 …

その「褒めて伸ばす」という考えが相手も自分も駄目にする

今日のお題は「褒める」ということ。部下を褒める、子供を褒める、パートナーを褒める …

いまの自分を犠牲にする理由

  自分がなれるもののための準備 今の自分を手放すことが出来るか? こ …

大切なものを失って最後に残ったもの

こんにちは。七転び八起きです。ここ数年、僕は自らの選択により、大切なものをたくさ …

人を動かすのは恐怖、人を育てるのは尊敬

こんにちは。七転び八起きです。今日のブログタイトルは 人を動かすのは恐怖、人を育 …

「何で言わなかったの?」から学ぶこと

    「何で言わなかったの?」「何で言ってくれなかったの? …