78cafe

コーヒー&スイーツ、本など気ままに思いを綴るブログ

*

優しい人と優しすぎる人の違いは何か? -優しさと強さを手にする方法(1)-

      2015/01/02

a1380_001588

僕は自分でも課題だと思っていたのですが、優しいのではなく、優しすぎる部分がある。それはひと言でいうと”強さ”がない優しさ。ただ、その「強さ」って何だろう?やっと見えてきたのでその事についてまとめます。

優しさとは何か?

辞書で引く優しさはどうなのか?

優しさについて知りたいときどうしますか?まず・・・ググる、グーグル先生は何でも教えてくれるから(笑)。そんなわけで「やさしい」という言葉の意味を引く。

[形][文]やさ・し[シク]《動詞「痩(や)す」の形容詞化で、5が原義》
1 姿・ようすなどが優美である。上品で美しい。「―・い顔かたち」「声が―・い」
2 他人に対して思いやりがあり、情がこまやかである。「―・く慰める」「―・い言葉をかける」
3 性質がすなおでしとやかである。穏和で、好ましい感じである。「気だての―・い子」
4 悪い影響を与えない。刺激が少ない。「地球に―・い自動車」「肌に―・い化粧水」
5 身がやせ細るような思いである。ひけめを感じる。恥ずかしい。
「なにをして身のいたづらに老いぬらむ年のおもはむ事ぞ―・しき」〈
古今・雑体〉
6 控え目に振る舞い、つつましやかである。
「繁樹は百八十に及びてこそさぶらふらめど、―・しく申すなり」〈
大鏡・序〉
7 殊勝である。けなげである。りっぱである。
「あな―・し、いかなる人にてましませば、味方の御勢は皆落ち候ふに」〈
平家・七〉

[派生]やさしげ[形動]やさしさ[名]やさしみ[名]   ※デジタル大辞泉より

すごく沢山の意味がある。しかし「つよさ」という感じの意味が書かれている項目は1つも無い。5番が原義とあるなら当然かもしれない。既に優しさとは原義から離れていってしまっているのか。

様々な優しさの定義

さらに進めて「やさしさとは」と検索をすれば、それこそたくさんの記事がでてくる。

・見返りを求めないで与えること
・損得勘定なしで接すること
・時には突き放す勇気があること(強さがあること)
・相手に真実を気付かせてあげること

などなどこれは部分的に切り取っているので誤解を生むかもしれないのですが、辞書の意味を超えて様々な優しさの定義があるのが分かります。

そしてその中に度々出てくる「”本当の”優しさ」という言葉。本当の優しさがあるなら優しさに嘘があるのか?偽物があるのか?

実は僕もそう思うときがありました。

でも、今は違います。僕は優しさは優しさなんだと思うんです。

スポンサードリンク

 

僕が考える優しさ

a1370_000080r2

優しさに”本当”も”嘘”もない

本当の優しさと本当ではない優しさ。僕がたどり着いたのはそこではありません。

優しさは優しさ。本当のものも偽物もない。

優しいとか優しさとかっていうのはその人の持っているひとつの心、性質、特徴。何があったら本当の特徴で、何があったら偽物の特徴なんてことはないんです。

優しさはその人が持つひとつの心の性質。料理で言えば素材やスパイスの1つです。だから、料理を作る時に素材やスパイスの相性があるように、優しさを引き立てる、相性が良い心の要素が他にある。

その性質(素材)の組み合わせで出来た料理が”本当の優しさ”と言われるものなのかも。

優しさと相性の良い性質の組み合わせがある

優しさを性質のひとつと考えると、例えばその性質を良い味付けにするのは「強さ」。この強さについてはまた述べますが、優しさに加え、心の強さを持ち合わせていると人としての味が良くなる。そういうことです。

逆に味をしつこくしてしまうのが、臆病な心、人から嫌われたらという強迫観念のようなもの。これらが料理の味付けを濃くしすぎてしまう。優しすぎるとはそういうこと。

つまり、優しさと一緒に何を心に持ち合わせているかで、人間味が変わってくる。まあ、当たり前って言えば当たり前ですよね(笑)。

そして”本当の優しさ”というのは、優しさと一緒にこれを調理すると僕の好みになりますよ、ってことをそれぞれの人が述べてるんだと思うんです。

優しすぎる人から優しい人へ

僕がそうであるように優しすぎる人は臆病だったり、人に嫌われたくないという強迫観念のようなものを持っていて、それが優しさを優しすぎにしてしまっている気がします。

きっとそれは分かってる人が多い。「そんなこと、分かってる。でもね・・・」という心の中に出てくる言葉、想い。ただ、優しすぎる人から優しい人になりたい。そのためには優しさの他に何が必要なのか。

僕が思うのは「強さ」です。その「強さ」とは何か。次回の記事では僕の優しさの好みについて語ります。

優しい人と優しすぎる人の違いは何か? -優しさと強さを手にする方法(2)-

 - ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

時間を大切にすることとは命を大切にすること

こんにちは。七転び八起きです。最近、すっかり仕事のスピード感が遅くなっていたのを …

いまの自分を犠牲にする理由

  自分がなれるもののための準備 今の自分を手放すことが出来るか? こ …

大切なものを失って最後に残ったもの

こんにちは。七転び八起きです。ここ数年、僕は自らの選択により、大切なものをたくさ …

大きな壁にぶつかったときは

こんにちは。生きてると誰でも大なり小なり壁にぶつかりますよね。子供であろうと大人 …

僕が僕である理由(1)

こんにちは。七転びです。 ふと心に入ってきた言葉シリーズ。今日の言葉はこれ。 「 …

僕が僕である理由(3)

こんにちは。七転び八起きです。前回の記事の続きです。 僕が僕である理由(1) 僕 …

誰かに何かを語るとき、それは自分に向けたメッセージかもしれない

こんにちは。七転び八起きです。今日は祝日ですね。ここ最近、人に自分をゆるしたら良 …

なぜ、自分を認められなかったのか?

こんにちは。七転び八起きです。 今日はふと心に浮かんできたそんな思いについて綴り …

どれを選ぶかというのは錯覚 -たったひとつの選択肢-

こんにちは。七転び八起きです。 ふと自分の心に入ってくる言葉・・・そういうものが …

僕が僕である理由(2)

こんにちは。七転び八起きです。この記事はこの前の記事の続きです。 僕が僕である理 …