コーヒー&スイーツ、本など気ままに思いを綴るブログ

78cafe(ななはちかふぇ)

コーヒー コーヒー豆

僕がコーヒーを「豆」で買うことを勧める理由(1)

投稿日:

こんにちは。ここのところ買ったコーヒーの事ばかり書いていたので、今回は僕がコーヒーに無知だったときのことを書きます。いや~、いま思うと恥ずかしいというか、上っ面だけだったなと思います。

スポンサーリンク

 

コーヒーを豆で買うと良いと思っていたこと

20代のころ思っていたコーヒー豆の販売理由その1

「何でコーヒーを豆で買うといいの?」

この質問に対して自分なりの明確な答えがある人が、このブログの読者の方々には結構いるかもしれないのですが、一般的に考えたらそういう人は圧倒的に少ない。

恥ずかしながら僕は20代の頃、コーヒーを豆で買うのは「豆」の方がちょっとおいしいのかな?ぐらいの感覚でした。だから、常にコーヒーの購入は「粉」の状態。しかも、スーパーで売っている粉になった状態のコーヒー。いつ挽いたかも分からないコーヒーを「銘柄」で選んでいたんです。

いま考えると無知とは恐ろしいですね。挽いてから時間が経っている香りもたいしてしない、酸化したコーヒーをブランドで選んでいたんですから。正直、どれも酸っぱい感じになっていたのではないかと思います。

酸味のあるコーヒーになる。酸化してるんですからね。酸っぱい思い出です(笑)

20代のころ思っていたコーヒー豆の販売理由その2

それからもう1つ思っていたコーヒーが豆で売っている理由・・・

手回しのミルでコーヒーを挽くと格好いい!画になる!

これも考えていたことでした。ただ、誰が見ているわけでもないし自己満足の世界かもしれない。それでも昔はこんな理由を考えていました。それだからこそ特に豆で買う必要性を感じなかったんです。結局、30歳ぐらいまではハンドドリップは殆どしなかった。

何せコーヒーメーカーで淹れるコーヒーは楽だし美味しいと思っていたし、コーヒーを買うのはスーパーという今とは全く違うコーヒーへのこだわり。コーヒーメーカーでコーヒーを淹れる。その間に朝食を作る。これってスペンサーの影響を受けていると思います(笑)

まあ、昔と変わらないのはいまでも手回しミルでコーヒーを挽く男は画になる!と思っていること(笑)

だけど、さすがにいまはそれだけが理由だと思っていません。僕がコーヒーを「豆」で買うことをお勧めする理由は別にあります。それについては次の回で。

-コーヒー, コーヒー豆
-

Copyright© 78cafe(ななはちかふぇ) , 2018 All Rights Reserved.