コーヒー

【イベント】SCAJ2019は一般のコーヒー好きでも楽しめる展示会-残り2日だから行くべし-

SCAJ2019 会場入り口

こんにちは。七転び八起きです。さて、1年に1度のビッグイベント「SCAJ」の時間がやって参りました。今年はSCAJ2019(当たり前(笑))ということで、過去最大の出展者数と出店ブースを誇るらしい。SCAJはアジアで最大のスペシャルティコーヒーのイベントだというのだから、それが過去最大と言うことは、アジアで開催された過去最大級のスペシャルティーコーヒーイベントと言っても良いのかも。

開催は2019年9月11日~13日の3日間で場所は有明ビッグサイト西会場。そんなわけで残り2日間あるから、まだSCAJに行ったことはないというコーヒー好きは足を運んだら面白いと思う。個人的には1日目で目に付いたものなどをざっと紹介。これを見ると恐らく実物を見たくなるものばかり。

スポンサーリンク

 

SCAJ2019

SCAJ2019の雰囲気

まずはSCAJの雰囲気が分かる写真を何枚か。

SCAJ2019の会場雰囲気

会場にはたくさんのブースがあってそれぞれのブースではコーヒー関連の器具や生豆などの紹介をしている。ブースによってはラテやコーヒーを試飲させて貰えるから、行っただけで美味しいコーヒーを色々なところで飲む事が可能。しかも中にはバリスタチャンピオンシップに出ている凄腕の方やもの凄いラテアートを作る職人?さんもいて美味しいコーヒーを楽しむのは飲むだけではないのもSCAJの良いところ。

SCAJ2019 Siphonist Championship

SCAJには出展者のブースの他にイベント会場がある。2019年9月11日(初日)はJapan Siphonist Championship2019が開催されていて、サイフォニストがサイフォンを使って抽出するコーヒーの競技会が行われていた。2日目、3日目にもコーヒーの競技会が行われる。2日目はハンドドリップの競技会が個人的には目玉だと思うけども、バリスタチャンピオンシップの決勝も行われているから好みによってプロの高いレベルのコーヒー競技会を目にすることができるチャンス。

普段目にすることがないアイテムを見れる・触れるSCAJ

僕がSCAJを好きな理由は競技会を見て楽しめるということともう一つあって、普段は目にすることがないコーヒー器具を間近で見れたり、触れたりすること。今回会場で見つけて気になったものをご紹介。

カリタの電気ドリップケトルKEDP-600

SCAJ2019 カリタのブースに展示されていたドリップケトルKEDP-6001つ目はカリタのブースにあった電気ドリップケトルKEDP-600。まだ発売前のものだと思う。ただ単にお湯を沸かせる電気ケトルと違って、細口なので抽出がそのままできることに加え、何と温度も台座の部分でデジタル表示されるのだ。これってとっても便利そう。転倒にも強いらしい。

カリタの便利ボトル

SCAJ2019 カリタのブースにあった上部がドリッパーにもなるボトル

そして2つ目もカリタのブースにあったボトル。これガラス部の上部を回して外し、ひっくり返すとカリタウェーブフィルターを載せられるドリッパーに変身するという面白アイテム。そしてプラスチックの蓋部分を外すと3口の抽出口が出る。真ん中のプラスチック部分を上にスライドさせるとドリッパーのスタンドになって・・・という代物だった。面白いと思う。これなら職場でドリップしたときに容器にもなるし、ドリッパーを別に用意しなくても良いし。

SCAJ2019 カリタのブースの展示カリタのブースでは他にもこんな感じで展示があって見ているだけで飽きない。今回は写真を撮っていないけど、カリタウェーブを使ってコーヒーを抽出してくれて、試飲もできるようになっているので見るだけでなくコーヒーを飲むこともできる絶対立ち寄るべきブース。

HIROIA(HARIO)のコーヒーメーカーSAMANTHA

SCAJ2019 HARIOのブースにあったSAMANTHA

続いてはHARIOのブース。HIROIAブランドのコーヒーメーカーSAMANTHA。スマホやタブレットを使ってV60ドリッパーでドリップするためのマシン。レシピがプログラムされていてそれをアプリでコントロールする。安売りしている通販店でも8万以上はするからなかなか手が出ないアイテムだけど、SCAJではしれっと置いてあり触ることができる。

HIROIAのドリップスケールJIMMY

SCAJ2019で見かけたHIROIAのドリップスケール JIMMYこちらもHIROIA(HARIO)のアイテム。ドリップスケールなんだけど、このデジタル表示されている部分が切り離すことができる。そしてこちらもスマホ対応でアプリを使って計測結果を確認、管理ができるというもの。

SCAJ2019 HARIOのブースにあったジオン軍ドリップケトル

ハリオのブースでは他にこんなものも。ガンダム好きなら思わず手に取りたくなる。

SCAJ2019 HARIOのブースにあったジオン軍コーヒーミルもう1種類はコーヒーミルだった。なんか本当に軍隊のブランドみたい(笑)

ツインバードのコーヒーメーカー

SCAJ2019 TWINBIRDのブースにあったコーヒーメーカー

そしてコーヒーメーカーとしてツインバードのCM-D457B。実際に抽出したコーヒーを飲ませて貰った。これ実家に買ったのだがいつも90度に設定して抽出していたら、今回会場での抽出は83度でされていてまた味が違って面白い発見だった。好きなアイテムの1つ。

コーヒー器具以外にも生豆や焙煎したコーヒーの販売も

さてSCAJ2019の初日に行って勢いで書いて見たんだけど、もちろん、コーヒー豆(生豆)も沢山あるし、焙煎したコーヒー豆も売っている所もあるし、業務用の焙煎機なども展示稼働していて本当にその人によって見るものが様々あるのがSCAJ。

そして今年は本当に一般の人も沢山来場している感じがして去年までとはまた違うと会場で思った。なんせ2年前なんかは僕は「一般」の札を首からさげて入場したんだけど「一般」を下げている人なんてほとんどいなかった気がする。去年も今年に比べれば全然少なかった。今年は若い学生のグループみたいな人達や母娘とおぼしき2人組みなど多くの「一般」札をぶら下げている人達が会場で楽しんでいた。

残り2日間ある。まだ足を運んだことがないコーヒー好きなら1度は足を運ぶべし。

SCAJ2019のページはこちら

-コーヒー
-, , , , , ,

Copyright© 78cafe-おすすめコーヒーと本のこと- , 2019 All Rights Reserved.