コーヒー&スイーツ、本など気ままに思いを綴るブログ

78cafe(ななはちカフェ)

コーヒー豆

【店頭購入】新提案!箱根のお土産にはコーヒーを-「箱根焙煎珈琲」ではソフトクリームだけでなくコーヒーも買うべし-

更新日:

珈琲牛乳ソフトが人気の箱根焙煎珈琲

こんにちは。七転び八起きです。先日、箱根に行って参りました。箱根と言えば日本では屈指の人気の温泉街。今回は箱根をまわりながらコーヒーを飲んだり、買ったりしてきました。それで今日のコーヒーは箱根湯本にある「箱根焙煎珈琲」で買ってきた『マイルドブレンド』。この「箱根焙煎珈琲」はインターネットや雑誌などで見るとコーヒー専門店と出ているものの写真は『珈琲牛乳ソフト』が一番露出しているお店。箱根湯本の商店街にあって駅から歩いてすぐ。

しかし忘れてはならない。「箱根焙煎珈琲」はコーヒー専門店なのだ。なんせ日本スペシャルティコーヒー協会の会員であるこのお店。やはりコーヒーを買わないとね。ということで、今回は「箱根焙煎珈琲」の『マイルドブレンド』を買ってきた。価格は200g(生豆時)で1400円。ではどんなコーヒーなのか早速チェックだ。

スポンサーリンク

「箱根焙煎珈琲」の『マイルドブレンド』とはどんなコーヒーか?

コーヒー豆をチェック

箱根焙煎珈琲_コーヒー豆_マイルドブレンド_パッケージ

ではまずは恒例のコーヒー豆のチェックを行う。先にパッケージはこんな感じ。

箱根焙煎珈琲_コーヒー豆_マイルドブレンド_パッケージ裏面_消費期限は1ヶ月

消費期限は1ヶ月に設定されている。美味しさにこだわるなら1ヶ月でということ。最近、通販や店頭で、自家焙煎したコーヒー豆を購入すると1~3ヶ月の諸費期限に設定されている事が多い。それでも鮮度が高いからこそ1ヶ月で消費しないと香りや風味が薄れていくということでの設定かなぁと個人的には思ったりする。では開封!

箱根焙煎珈琲_コーヒー豆_マイルドブレンド_とても綺麗な状態

今回の「箱根焙煎珈琲」の『マイルドブレンド』のお目見え!コーヒー豆の状態をわかりやすくするためにかなりよって写真を撮ってみた。『マイルドブレンド』のコーヒー豆の綺麗な状態はこの写真からも分かるとおりとても綺麗だ。焙煎の仕方も綺麗でムラがないしコーヒー豆の形も素晴らしい。そして200gのコーヒー豆をチェックした結果、七転びの目には欠点豆はなしだった。

ホント、素晴らしいと思う。

コーヒーの抽出

箱根焙煎珈琲_コーヒー豆_マイルドブレンド_ハンドドリップ_抽出準備

『マイルドブレンド』の抽出にはハリオのV60を使う事にした。一番淹れ慣れている方法でやる方が撮影もしやすい(笑)。

箱根焙煎珈琲_コーヒー豆_マイルドブレンド_ハンドドリップ_蒸らし

蒸らしの時のコーヒーの膨らみも良好。

箱根焙煎珈琲_コーヒー豆_マイルドブレンド_ハンドドリップ_抽出中

抽出終了間際の写真。アクもそれほど出ておらず。うん。「箱根焙煎珈琲」の『マイルドブレンド』はいいコーヒーだと思う。

『マイルドブレンド』のお味は?

箱根焙煎珈琲_コーヒー豆_マイルドブレンド_ハンドドリップ_抽出完了

ここまでくるともう間違いなく美味しいのだが、どんなテイストか。いただきます!・・・・・これは!チョコレート、ココアの味を感じる。つまりカカオってことなのか(笑)。ほどよい酸味と苦味でまさにマイルドという感じ。結局、美味しいし飲みやすいし、撮影の後にすぐにもう1杯淹れてしまった。

総評:箱根のお土産にオススメしたい

「箱根焙煎珈琲」はコーヒーへの愛を感じる素晴らしいお店だと思う。だからこそ『珈琲牛乳ソフト』というヒットを生み出したのだろう。そして、これだけの美味しい珈琲を観光地価格を加味しても1400円で買って帰れるのであれば、新しい箱根のお土産としてありなんじゃないかと思う。消費期限も一ヶ月だし、珈琲が嫌いとか、飲めないという人以外にはいつもと違うレベルの珈琲をお土産として渡すのはインパクト大。

是非とも、箱根に行った際には玄関口の箱根湯本で「箱根焙煎珈琲」に立ち寄ってみて欲しい。以上、また箱根に行きたいと思う七転びでした。

箱根焙煎珈琲

-コーヒー豆
-, , , , , ,

Copyright© 78cafe(ななはちカフェ) , 2019 All Rights Reserved.